喜ばれている点

2021年8月19日

サンクス保険サービスが喜ばれる理由

お客さまご自身にとって最適なプランを選ぶことができる

分かりやすい説明だから、メリット・デメリットが分かり、保険を選びやすい

生命保険 損保保険 解説

形がなく分かりにくい保険であるからこそ、付箋やマーカーなどを使って分かりやすく伝えるようにしています。

お客さまがご自宅に帰り、どのような内容だったかを振り返る時にでも、パンフレットを見れば内容を思い出していただけるようにご案内しています。
お客さまにとってのメリットやデメリットを分かりやすくまとめてお伝えすることで現在のお客さまの状況や今後の人生プランに合わせて、ご自身に適した保険を選びやすいサポートをします。

お客さまにお得になる特徴のある保険商品を厳選して取り扱っているので選びやすい

東京海上保険 ニッセイ保険

生命保険の数はたくさんありますが、当社は特徴のある(お客さまにメリットのある)保険のみを厳選して取り扱っています

多くの保険の中から選びたいというお気持ちも分かりますが、
「多くあるからよく分からない・・・」
「迷ってしまう。選べない。」
という一面もあるようです。

お客さまが理解され、「自分たちにはこの保険が適している」と思っていただけるように保険商品を厳選してご提案しています。
保険について考え・悩むことは一生のうちに何度もないことだと思いますので、競合他社の提案もお聞きされたうえで、決めていただければ良いと私たちは思っています。

相談内容に応じて、知識の深い担当者が対応するので最適なプランをご提案

保険会社 営業担当

相続に関する生命保険、自動車保険、新種保険など保険といってもいろいろなジャンルがあります。
当社は相談内容に応じて知識を持つスタッフが担当させていただきます。

お客さま視点の保険のご提案

たくさんのパターンを計算して、自動車保険の一番お得なプランをご提案

自動車保険 プラン提案

自動車保険において複数台契約をされる場合、主に運転される方、運転者年齢条件、等級(無事故割引)などの組合せを幾つかシミュレーションしてお客さまのご意向に一番適したお得なプランをご提案しています。

車両入替や被保険者変更、年齢条件変更などの場合にでも少しでもお得になるプランをご提案しています。

お客さまが損をしないアフターサポート

お客さまが保険料を払い過ぎないよう当社からご連絡

保険 更新 連絡

自動車保険において運転者年齢をチェックすることで適正な保険料になります。

例えば、全年齢補償のご契約でお子さまが21歳になられても全年齢補償のままご契約されていると保険料を払いすぎてしまう事態が起きます。
ご家族の生年月日などの属性情報を把握させていただくことで、当社が全年齢→21歳以上補償の年齢条件変更のご提案をさしあげ、余分な保険料を払わなくて済むようにしています。

年齢条件変更の通知については、ウッカリ忘れてしまうケースもあるので喜ばれています。

火災保険の改定の場合には、お客さまが損しないように当社からご連絡

火災保険の改定(特に値上がり)になる場合、改定前に中途更新(現契約を解約し、再度契約し直すこと)することで値上がりを最長5年間先送りできます。

こうした提案が喜ばれています。

担当者の思い込み・うっかりミス回避

複数スタッフが第三者視点でチェック

保険 セカンドオピニオン

当社では、特に複雑な試算やご提案には「思い込み・うっかりリスク」に注意しています。
担当者の思い込み・うっかりミスを回避するために、担当者以外の複数スタッフが第三者視点で再確認を行い、漏れがなく最適でお得なご提案を心がけています。

お困りごと支援隊

保険以外にも困ったことがあればお気軽にご相談を。解決に向けた人や機関をご紹介

当社は保険以外にもお客さまのお困りごとなどのよろず相談をお受けしています。

当社の関連会社やパートナーをご紹介することでお客さまのお悩みやお困りごとが解決できればと思います。
相続問題や諸々のトラブルなどありましたらお気軽にご連絡ください。

法人の方に喜ばれる理由

経営者視点で事業保険をご提案

法人保険 提案

当社はお客さまの事業を知ることが大切だと考えています。
お客さまの事業遂行の流れを踏まえたうえで、想定されるリスクとリスク対応の優先順位を分析し、経営者さまと同じ視点に立ち有益な保険提案をしています。

具体的には、経営基盤を強化する生命保険活用術において

 *社長さまの不慮の場合の売上減少対策
 *借入・運転資金・自社株承継・相続対策
 *連帯保証債務対策
 *遺留分侵害請求対策
 *アナログ式の福利厚生プラン
 *余剰金活用プラン
 *人材確保プラン提案

その他、定期保険は玉手箱、貯金と保険の違い、保障と資産効果を兼ねる落とし穴の説明についても喜ばれています。

もう一方、損害保険についてはリスクマネジメントの観点で

予防・分散・軽減・回避・転化・保有の視点でリスクの大きさと優先順位に沿ってご提案をしており、お客さまからは危機管理に対する意識が高まったとお喜びいただいています。

時にはリスクの保有をご提案

保険の必要性の可否をお客さま目線で一緒に考えるので、無駄な保険に入らなくて済む

当社はお客さまにとって最適なプラン選択をしていただきたいと考えており、時には「保険に入らない方がお得に思います」というご提案もします。

リスクに対して何でもかんでも保険転化を提案するのではなく、小さな・頻度が少ないリスクについては保険料とリスク保有の経費を比較し、リスク保有の方が経費的に得策、更にはリスクを保有することで社員が仕事に緊張感を持てます、といったアドバイスをし、リスクを保険に転化するのか否かをご相談しています。

Q&Aで理解がすすむ

Q&Aで個社固有の具体的なリスクをイメージしやすくする

Q&Aでリスクを分かりやすくしたうえで保険プランを提案しています。
お客さまには個社固有のリスクがあり、パンフレットだけではリスクをイメージしにくい場合も多く、そうした場合には現場の社員さまも交えてリスクを深掘りし、Q&Aを作成しいます。

Q&Aは保険加入のためだけではなく、現場もリスクを把握しやすいと喜ばれています。

お客さまのキャッシュフローを高めるパートナー

保険以外でもお客さまの事業成長に貢献したい

お客さまとは保険契約者という関係だけではなく、昨今では弊社のお客さまのキャッシュフローを高める事業が徐々に浸透し、事業成長のパートナーとしてもお付き合いいただいています。

保険のことは些細なことでもお気軽にお問い合わせください
ネットからのご予約・お問い合わせはこちら。
LINEからのご予約・お問い合わせはこちら。