コロナ禍における子育て世代の方の保障について

2022年4月19日保険の豆知識

みなさん、こんにちは。
サンクス保険サービスの有希です。

コロナ禍において、withコロナと言われますが不安と課題は積もるばかりですよね。
そうした中において、今日は子育て世代の“ある不安の声”と“その対策”についてお伝えしたいと思います。

子育て世代の方は、共働きの方が多いですよね。

小学校や幼稚園から「A組で新型コロナウィルスの陽性者が確認されました」とか「B組で多くの生徒がお休みをしています。登校を自粛して下さい」とか。
保護者の方は不安ですよね?!

自粛と言われれば、登園させづらいし、働いている会社には言いづらいし…。
有給も入社6ヶ月未満なので、小学校等休業対応助成金の対象にもならない。
コロナウィルス感染症に子供が感染したらどうしよう?

お気持ち痛いほど分かります。
私も幼稚園児、小学生の子を持つ母ですから。
今も、コロナ禍における悩みを抱えてお仕事しています。

こうした中、民間の保険商品を活用して、働けない母のために、休業保障の救世主と言っても過言ではない保険プランの情報を得ましたので以下にご案内します。

具体的な契約形態

*契約者:親さま
*被保険者:お子さま(自宅で一人で待機できない幼稚園児や小学生)
*保険商品:一時金支払いタイプの医療保険

メリット

この医療保険の契約形態のメリットは、
新型コロナウィルスに感染され、入院しなくても宿泊施設や自宅等で治療しているときでも医療保険の給付対象としている期間のみのご加入でも構いません。
②掛け金(保険料)が安い。
③お子さまを看病し会社を休んでいる期間の給与補てんとしてご活用いただけます。
この3点が特徴的です。

詳しく知りたい、詳細が気になる方は
ホームページの「お問い合わせ」からご連絡くださいませ。

私も、子どもを感染させない、自分も会社を休まないようにしています。
ともにコロナ禍を乗り切りましょう!